【爪水虫の原因】

 

まず、爪が白や黄色く濁っていたら爪水虫の可能性があります。
爪の中にカビの一種である白癬菌が入った結果です。
皮膚の上にカビが生えた結果です。

 

つまり、爪水虫は白癬菌が皮膚に感染した結果です。
爪の角質に生えた白癬菌は様々な成分を代謝しています。

 

その成分のアレルギー反応が原因でかゆみなどいった不快な症状が起こります。

 

[爪水虫の原因菌]

 

そもそも、人間には常に菌が在中しています。
だけど、その中に水虫の原因である白癬菌はありません。
つまり、白癬菌は外部からやってくる「非常在菌」と言えるでしょう。

 

ちなみに爪も皮膚の一部です。
なので、爪にも白癬菌がついてしまいます。

 

非常在菌の白癬菌が原因なので、水虫は外因性の感染症に分類されています。
つまり、爪水虫を予防するためには外部からの感染を気をつけるべきです。
ただ、白癬菌は靴を脱いで歩く場所。ジム、プール、飲食店の座敷など、生活環境のいたるところに存在しています。

 

要するに水虫患者も行きそうな場所ならどこでも感染する可能性が高いです。

 

【爪水虫が悪化するとどうなる?】

 

爪水虫はなるたけ早く、治しましょう。
理由は爪水虫が悪化すると全ての爪に水虫が広がっていきます。
爪が変色するだけでなく、変形・進行して更にはボロボロになってしまいます。

 

最初は爪の形が欠けているだけでも、その後、真菌が増殖し皮膚の組織を壊死する場合もあります。
最悪、足が壊死するかもしれません。

 

水虫だからといって放置はいけないということです。
爪水虫の場合、放置された結果、膿んでしまうこともあるようです。
だけど、もっと大変なのは水虫はうつります。
一人暮らしならいざ知らず、家族がいる場合は爪水虫がうつるかもしれません。

 

[爪水虫が侵食すると最後には黒くなる]

 

爪水虫になった爪は最初、黄色です。
つまり、爪が厚くなり黄色くなったら要注意です。
どんどん進行して最後には黒くなってしまいます。

 

黒くなった爪はとても脆くなっています。
爪としての機能を果たすことができなくなっています。

 

ちなみに爪が真っ黒になった場合、皮膚科では爪を剥がすという処置になるかもしれません。
剥がすといっても、麻酔があるかもしれません。
だけど、痛そうなのでなるたけ、真っ黒になる前に治療した方がいいでしょう。

 

それに爪が真っ黒なのは見た目もよくありません。
見た目だけでなく、日常生活に支障をきたすことがあります。

 

【爪水虫の画像からわかる自力で治すための大切なポイント】

 

爪水虫の怖いところ、痒みや痛みを感じることが出来ないところです。
見た目にもあまり、変化がありません。
気が付いたら進行しているのが爪水虫です。

 

なるたけ早く治療することが大事です。

 

大切なのは爪水虫の進行を知るには爪水虫の画像を参考にすべきです。

 

要するに爪水虫の画像と自分の爪と見比べてみることです。
爪水虫を放置しておくと危険です。
何故なら、爪水虫は足だけでなく手にもできるからです。

 

足の爪水虫を手に触れば白癬菌がつき、水虫が広がってしまいます。

 

特にネイルしていると爪の色に気づくのが遅くなります。
ただし、白癬菌はついても浸食することはないので、手洗いをこまめにすることです。

 

【爪水虫は手にも出来る!】

 

先にも記載した通り、水虫は手にはできます。
感染経路はいろいろと存在します。

 

白癬菌は至るところに存在しているからです。
白癬菌が付着した衣類やバスマット。

 

触れば当然、水虫になる可能性も高いです。

 

ネイルは感染にも要注意です。
爪とネイルに水が入ったり、爪が蒸れた状態になったら気をつけましょう。
その結果、白癬菌が繁殖しやすい環境になるのでしょう。

 

手の爪水虫は早期発見、早期治療が必要です。

 

そのため、爪水虫かあらかじめ、症状をチェックしておきましょう。

 

爪の色の変色、ボロボロともろくなった爪、爪切で爪が切りにくくなったらそれは爪水虫なのかもしれません。

 

【爪水虫の治し方・治療方法(病院・薬)】

 

自力で爪水虫を治す人もいます。
だけど、爪水虫は治りにくいです。
できるだけ、早く治したいなら病院にいくべきです。

 

病院では皮膚科を受診しましょう。
内服薬や外用薬による薬物治療になります。

 

病院に行けば治療が早いのは自分の爪水虫がどの程度か診断してもらえるからです。
爪水虫の治療に時間がかかるのは自分の爪の中に白癬菌が残っているか判断できないからです。

 

見た目、綺麗になっても白癬菌はまだ残っている場合があります。
病院できちんと白癬菌が爪の中に残っていないか確認してもらいましょう。

 

[爪水虫に効果的な薬は?]

 

実は男性でなく女性の方が爪水虫の患者が多いんだそうです。
何故なら、女性は手足にネイルを施す人が多いからです。
ちなみに手はマニキュア、足はペテキュアといいます。

 

それに女性の三人に一人は爪水虫を気にするんだそうです。
病状がはっきりすれば。、なるたけ早期対処が必要になります。

 

効果的なのは白癬菌を殺すために外用抗真菌薬というカビを殺す塗り薬です。
ただし、爪水虫が爪の内部まで進行してしまった場合、塗り薬だけでは治療は不完全です。
そこで飲み薬が有効です。
しかも、塗り薬より有効成分が爪に届きやすいです。

 

なので、治療期間が短くなります。

 

[爪水虫の飲み薬は?]

 

爪水虫は爪の表面に生えたカビです。
なので、爪の表面を削って薬を塗れば治ることもあります。
だけど、中には爪の内部までカビが入り込んでいることもあります。

 

そこで飲み薬が必要になります。

 

皮膚科では水虫の菌を殺菌する『抗真菌薬』が処方されます。

 

ちなみに市販でも購入できる『抗真菌薬』もあります。

 

あるといっても飲み薬の場合、副作用があるので大抵のお店では置いてあってもお薦めはできません。

 

塗り薬と違って飲み薬は『胃の不快感』や『吐き気』、『嘔吐』、『腹痛』、『下痢』、『肝機能障害』といった症状が出る可能性が高いです。

 

副作用で不安がある場合は専門の医師に相談すべきです。

 

どうしても、飲み薬がいいならあくまでも自己責任内の範囲で購入しましょう。

 

[爪水虫の塗り薬は?]

 

まず、爪水虫の正体は爪の表面についた白癬菌です。
白癬菌はカビの一種です。

 

酷いものでなければ、塗り薬で完治することができます。
あくまでも症状が軽ければになります。

 

見た目、完治したように見えても白癬菌が残っていたら再び、爪水虫になってしまいます。

 

なので、皮膚科で処方された塗り薬を使ったほうが完治が早いです。
ただし、飲み薬は市販されたモノはそんなにありません。
しかし、塗り薬は市販されている製品は沢山あります。

 

治りにくいと言われている爪水虫も最近では新薬の開発も進んでいます。
医者に行かなくても爪水虫を完治させた人も大勢います。

 

【爪水虫を自力で天然成分で治す】

 

どんな薬にも副作用があります。
特に飲み薬は副作用が怖くて嫌、かといって塗り薬なら時間がかかります。
だけど、爪水虫を自力で治したい人にお薦めなのが、天然成分を使った薬になります。

 

爪水虫は白癬菌が原因です。
白癬菌が無くなれば爪水虫は完治したことになります。

 

天然成分で爪水虫を治療すれば副作用の心配もないということです。

 

[爪水虫・水虫菌の殺菌なら天然成分のティーツリーオイル]

 

爪水虫に効果的な天然成分といえばティーツリーオイルです。
爪水虫の原因である白癬菌をティーツリーオイルなら99.9パーセント殺菌できます。
なので、爪水虫も確実に治療できます。

 

大体、抗生物質は長期間、使用することはできません。
その反対に、副作用の心配がない天然成分は気が済むまで利用できます。
シャンプーやソープにも配合することができます。

 

爪水虫は爪が生え変わらなくては完全に完治とはいえません。
しかも、生え変わった爪に白癬菌がついてしまったら爪水虫が再発してしまいます。

 

治ったと思っていたらまた、爪水虫になるなんて最悪です。

 

[ドクターズチョイス 爪水虫と水虫完治セット]

 

爪水虫は足の水虫と同時に治しましょう。
というか、爪水虫も水虫は同じ白癬菌が原因です。

 

そこで爪水虫と水虫完治セットならドクターズチョイスでしょう。

 

特徴としては3つのアイテムが爪水虫、水虫を同時に治療開始することです。

 

3つのアイテムとはソープにクリーム、リキッドになります。

 

しかも、抗菌効果の高いティーツリーオイルが配合されています。
そこで、素早く爪水虫と水虫をダイレクトに攻撃します。

 

とにかく、爪や皮膚に白癬菌が根を張る前にソープで洗い流してしまいましょう。

 

洗い流したら水気をとってクリームを塗ります。
クリームには水分が配合していないので細菌の侵入を防いでくれます。

 

リキッドを爪と皮膚の間に入れれば、爪水虫に侵されている部分を外から退治することができます。

 

[ファンガソープEXが爪水虫対策に良い理由]

 

ファンガソープEXが爪水虫に強い理由は高い殺菌力と抗菌力にあります。

 

配合されているのは天然植物成分のティーツリーオイルです。
そもそも、ティーツリーオイルは昔からケガや皮膚の治療などに使われてきた植物由来のナチュラルオイルです。

 

おまけに炎症を抑え治癒を促進する高保湿成分シアバターも配合しています。
この高保湿成分シアバターもシアの木の種子から採れるナチュラルオイルです。
効能は傷や火傷の治療から、かゆみ止め、脱毛予防、日焼け止めなど肌を守る万能のオイルと言えるでしょう。

 

ファンガソープEXは肌のトラブルに悩む人に人気の高いソープです。
天然ナチュラルオイルで出来ているのでアトピーや敏感肌の人でも安心して利用できます。

 

[ファンガクリームが爪水虫対策に良い理由]

 

白癬菌が爪に入り込んだ結果、爪水虫になります。
爪水虫は痛みがありません。
だけど、爪が厚くなったり白く濁ってきます。

 

だけど、爪が厚くなった結果、痛くなったり皮膚に食い込んだりすると大変です。
そこでファンガクリームを足全体に塗ります。

 

特に爪の付け根の甘皮の部分は丁寧に塗り込んでおきましょう。
それだけで白癬菌の殺菌効果があがります。

 

しかも、ファンガクリームは一切、水分を含んでいません。
なので、塗るだけでバリヤーとして皮膚を保護してくれます。

 

とにかく、爪水虫は何度も繰り返すのでしっかり、対策を取っておきましょう。

 

【爪水虫対策】

 

爪水虫が怖いのは相手にうつることです。
家族の誰かが爪水虫なら爪水虫になる可能性があります。
なので、爪水虫対策はきちんとやりましょう。

 

まず、スリッパやバスマット、家族に水虫患者がいた場合は同じものを使わないようにしましょう。

 

そして、足は常に清潔にしてなるたけ、はだしで歩かない方がいいでしょう。
とにかく、水虫の感染に気をつけましょう。

 

[爪水虫対策のための靴の殺菌方法]

 

実は靴の中は白癬菌、つまり水虫菌が繁殖しやすい環境です。

 

ちなみに繁殖に適した環境とは3つあります。
温度と湿度が高く維持した場所、通気が悪く蒸れやすい場所が水虫の大好きなすみかになります。
それが靴の環境にぴたりとあてはまってしまうわけです。

 

そこで、女性にも爪水虫患者が増えているわけです。

 

というか、女性の場合、爪水虫の問題は深刻です。

 

だけど、生活していく上で靴はどうしても必要です。
なので、爪水虫対策のためのに靴の殺菌は重要になります。

 

 

靴を乾燥させて除菌スプレーを吹き付けて再び、乾燥させます。

 

こうすれば、洗うことができない靴でも殺菌できます。

 

[爪水虫対策のための靴下]

 

普段、何気なくはいている靴下は水虫菌の温床になってしまう場合があります。
実際、ルーズソックスばっかりはいていたら、水虫になってしまったという話もあります。

 

だんだん、蒸し暑くなる季節になります。

 

暑くなっても靴下をはかなくてはいけない人もいます。

 

だからこそ、爪水虫対策のための靴下が必要になります。

 

爪水虫対策に有効な靴下は綿製品になります。
理由は綿は通気性が良い為、靴を履いていても蒸れを防ぐからです。

 

白癬菌は乾燥を嫌います。
つまり、足が蒸れている環境が大好きだということです。

 

なので、通気性のいい綿なら蒸れないので爪水虫対策に有効と言えるのでしょう。

 

[爪水虫対策のための家の掃除]

 

実は家のいたるところに白癬菌は存在しています。

 

特に床は要注意です。
そこで、爪水虫対策として床の掃除をしましょう。
床の掃除としてスチームクリーナーを使うべきです。

 

何故なら、白癬菌は60度で死滅すると言われているからです。

 

ちなみにスチームクリーナーは60度以上の蒸気で除菌します。
だから、白癬菌をシャットアウトできるわけです。

 

最初に掃除機で床を掃除してから、その後にスチームクリーナーを使いましょう。
これで爪水虫対策の床掃除は完璧です。

 

ただし、フローリングの種類によってはワックスが剥げてしまうかもしれないので掃除する前に確認しておきましょう。

 

[爪水虫対策のための足の洗い方・足湯]

 

爪水虫対策として毎日、しっかり足を洗いましう。
特に水虫がある場合は帰宅後、手洗いならぬ足洗いをしておくべきです。
水虫があると爪水虫になりやすいです。

 

皮膚表面についている白癬菌や汗・汚れなどを洗い落とすことが大切です。
手や足全体でなく、指と指の間も入念に洗っておきましょう。

 

理由は指と指の間はどうしても汗をかきやすいからです。
実際、汗と皮脂は白癬菌の大好物です。
気が付かない間に白癬菌が繁殖してしまう場合があります。
ボディソープやせっけんを使って入念に洗い流しましょう。

 

洗った後は、水気をふき取って薬を塗ることを忘れないようにしましょう。

 

特に爪水虫がある場合は定期的に足湯をするのもお薦めです。

 

洗面器にお湯を入れて酢を大さじ3杯入れて混ぜます。

 

皮膚が酸性化して、白癬菌が増殖しにくくなります。

 

【爪水虫対策でやってはいけないこと】

 

爪水虫対策でやってはいけないことは幾つかあります。

 

まず、カビキラーを使ってはいけません。
確かに水虫は白癬菌というカビが原因です。
だけど、カビキラーを使っても白癬菌を無くすことはできません。

 

そもそも、カビキラーが皮膚に付いたら大変なことになります。

 

カビキラーには次亜塩素酸ナトリウムという成分が含まれています。
この成分が肌に付くと痒みだけでなく酷い腫れや水膨れ、それだけでなく皮膚がむけてしまいます。

 

つまり、皮膚に対して危険性の高い成分です。
他にもカビキラーには皮膚によくない成分が含まれているので絶対、カビキラーは素手で触ってはいけません。

 

【まとめ】

 

爪水虫は治すのが大変とよく言われています。
実際、白癬菌というカビが爪に生えてしまった結果です。
爪が生え変わるまで完全に治りません。

 

爪が生え変わるまで時間がかかります。

 

ここはやはり、爪水虫にならないように予防対策をしておきましょう。

 

案外、予防していると水虫にはなりません。
だけど、水虫になって水虫の部分に手がついてしまったら、手が爪水虫になる可能性があります。

 

ただし、洗い流せば予防が簡単にできます。
なので、石鹸を使って洗えばいいだけです。

 

最初にも言ったとおり、白癬菌は湿気の多いところが大好きです。

 

なので、靴を長時間履いている人は爪水虫になりやすいです。

 

何故なら、靴は湿気が多く蒸れやすい場所だからです。

 

なので、対策としてはこまめに靴を脱いだり、靴下を替えたりして通気性をよくしておきましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
更新履歴